2019年07月28日

お月謝制とチケット制

受講料のお支払いは、どうしますか?

チケット.jpg

お月謝制とチケット制と選べます。
どちらにしても無駄にしない方法を選びましょう

お月謝制とは、月ごとに会費を納めることです。
月単位。前払い。スケジュール変更(振替)は、同月内です。
月単位でビジネス・体調等の理由でお休みする場合は、
3週間前に申請。休み月の月謝を免除とします。
しかし、事前申請無き時は自己都合のお休みとなり月謝全納のこと。

例:3月の最後のお稽古時に4月分のお月謝を納める
1ヶ月のお稽古数(2回又は3回)を1ヶ月以内に消化
※お月謝を納めたので、必ずお稽古に行こう!
※目標回数を必ずクリアしよう!という方

チケット制とは、4回分を納入して、有効3ヶ月以内に消化
一括前払い。4回分使用時に更新(チケット購入)継続が必須
チケットの払い戻しは当方の明確な過失を除いてはお受けできません。
スタンプ式の会員証をお稽古時にご持参願います。
紛失した場合は手数料500円で再発行致します。
チケットは有効期限迄にご利用下さい。
有効期限を過ぎますとご利用できなくなりますのでご注意下さい
月単位でお休みする場合は、3週間前に申請。
チケットの残数により期限延期措置をとります。(更新保留)

例:月最低2回は、お稽古しようと思っていたのに仕事が忙しくて
スケジュール調整が出来ない。でも3ヶ月以内なら4回のお稽古が可能かも!
予約の振り替えを来月に回したい!
※お仕事の忙しさが予測不可能な方
※体調を考慮したい方

料金は、場所・お稽古時間・回数によって異なります。
お稽古場所はどこにしましょうか?
個人稽古と少数稽古どちらにしますか?
お稽古時間はどのくらい?
月の回数は?

例:「椛組」個人稽古の場合
月謝:1回60分/月2回-7,500円(3,750円x2回)
チケット:1回60分-17,000円(4,250円x4回分)
※チケット制の方が1回の単価は高いけど有効期限が3ヶ月あります。
特典:2ヶ月以内にチケット4回分を消化した場合は、
月謝制と同じなので月謝との差額分を次回更新時に割引します。
(入会3ヶ月後から適応)

月謝・チケット共通事項
師匠都合でスケジュールを変更する場合は同月又は次月で振替とする
ご連絡が無く当日のお稽古を休めれますと1回分をキャンセル(予約変更不可)とします
疾病等やむを得ない場合の延期措置等についてはご相談下さい
交通事情等などで遅刻を予測できるときは、事前に連絡を入れる
状況により変更可能とします